情報発信をやっていて思うのだけど、

習慣化という考えはよくない。

 

 

気が向いたからやる。

やりたいからやる。

これが自然だと思う。

僕たちがやりたくなくても習慣的に会社や学校に行くのは

それによって得られるものがあるからで、習慣の意識はそこにない。

報酬があるから行くだけだ。

 

やりたいこと気が向いたことだと、

行動そのものが報酬になる。

 

だから、やりたくないことを習慣化するのは

僕たちにとって非常に不自然なことなのだ。

自己完結するタダ働きである。

 

 

習慣化しなきゃと思った時点で、もうそれはやりたいことではない。

自分が何かに影響されているだけだ。自分の心の底から湧き上がることじゃないと続かない。

 

少しキツイ言い方になるけど、

頑張ったらそこで負け。

 

頑張るとは、不自然に抗うことだから

やりたくないけど無理やりやってることになる。

好きこそものの上手なれと言うように、

好きで好きでたまらずにやる人との間には大幅きな差がある。

 

こういう意識から格差は広がっている。

最近フリーランスの働き方が流行してるが、

あれは間違ったフリーランス像である。

 

仕事を探すのがハローワークかランサーズかの違いだけだ。

何ならなんの保証もなく都合のいい外注として安く使われているだけだ。

自分と顧客の直接の取引ができてこそ本当のフリーエージェントだろう。

 

あなたが寝る間も惜しんで、

「不自然に習慣化」してまで学んだスキルは安く買い叩かれるのだ。

 

名目上はフリーであるものの、

結局は雇い主の提示した条件に合わせるしかない。

資本論の中の労働者さながらで、自由に職を選べるものの

それで飯が食えるかとなると別の問題なのだ。

 

あなたをできる限り安く買おうと思っている。

人生を削り学んだスキルを、

それによって得られる成果を。。

 

怒れ。

怒れよ。

 

 

そして気づけよ。

 

 

 

 

これは、励ましじゃない。

忠告として言っておく。

 

「好きなことじゃないと稼げない」

もはや機械的労働の価値がなくなるのは目に見えている。

残存者利益という手もあるけどね。

 

 

あなたがどんな有用なスキルを身に着けても

心の底から好きでなければ安い労働力として消費されるだけになる。

 

ビジネス的に見てもあまりよくないことで、

人生の薄利多売になってしまう。

 

 

好きなことに好きなだけ人生を注ぎ込むことで、

そこには意匠的な価値が生まれる。

 

今はインターネットがあるので一個人でもビジネスを持てる。

ビジネスと言うと難しそうに聞こえるかもしれないが、

集客から販売までの流れを作ればいいだけだ。

 

あなたの絵、ネットで売ってみない?

筋トレのトレーナーになってみない?

 

ちゃんと集客販売が出来ればこの程度造作もない。

僕は心の底から好きと言えるものが無かったから非常に難儀した。

 

 

自分でお客を見つけて直接お金をいただけるようになろう。

 

 

だから習慣化なんて気にせず好きなことをビジネス化してしまえばいい。

無理して資格の勉強をする前に自分の人生を振り返ってみて欲しい。

 

 

ただ、ビジネス化はそれなりにしんどいかな。。。

前言撤回!

 

 

習慣化は必要です!

習慣的にビジネスしていきましょ!

 

 

 

それでは~

 

 

 

 

ここではビジネス小話してます

 

TwitterFacebookLineHatenaShare
Category
Tags

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


「夢は行動となり、行動は夢を現実にする」

こんにちは、はこふぐです。自堕落に生きてるどうしようもない男です。

怠けるための努力を積み重ねたら怠けられるようになりました。

19歳でろくな社会経験もありませんが、自分の事業を持たせてもらってます。ありがたい事です。

「自分のビジネスを持ちたい」

「ぐーたら暮らしたい」

そんな方に読んでいただきたいブログです。

 

ココで努力的な怠け方を個別レクチャーしています。

ココ