期待が裏切られた時に、人はへこむのだけどそれは自己評価の裏返しだと思う。

 

「こんなに頑張ったのに...」

「あの人を信じていたのに...」

例えばブログでも、

たった50記事書いたくらいでPVがどうだとか読者がどうだとか言う人がいる。

 

正直、50記事なんてないも同じだ。

ちょっと意地悪な解釈だけどたったの50記事でファンがつくとかバズれるとか思うのは非常に図々しい。

特化系ブログなら悩む余地があるけど、

このブログみたいな雑記系なら悩む余地なんてない。

 

自分の精一杯の記事を書いたら誰かが読んでくれて、誰かが広めてくれる。

そう思ってるでしょう。

 

そんなことはないですよ。

誰もあなたのために時間をかけて手間暇かけてくれないんです。

 

実際にあなただってブログや動画を見るときに、

その撮影・執筆の背景を感じて、作者の思いを噛みしめながら見ることなんてないでしょう。

 

このブログを書いてくれてありがとうなんて思わないでしょう。

思っても共有してあげるなんてことはないでしょう。

 

文字書きの知り合いが僕に言いました。

「何も言わない奴なんていないのと同じだ」

 

これは彼の書く小説に誰も反応してくれない苦しさを僕にこぼした言葉だった。

あなたの沈黙は誰かを傷つけてる。

そしてあなたも傷つけられてる。

 

 

 

なんの役にも立たん時間を、人のために使うなど誰も思わんのだ。

 

そんな中で、

岡本太郎は「下手で結構」と言う。

 

このものの考え方はきっとあなたの役に立つ。

 

見られなくて結構、

読まれなくて結構、

返事がなくて結構。

投稿するときに何かを期待せず、悲観すること。

どうせ誰も見るわけがないと思うこと。

 

こう考えればいくぶんか楽になる。

楽になって救われるし、純粋になる。

 

自分を生まれながらに評価しているのは自分だけ。

この現実を受け止めることがあなたを苦しみから解き放つ。

 

 

自己受容って言葉が最近流行ってるけど、

単にできない自分から目をそらすのが自己受容かのように言われているが。

 

できない自分を責めに責め、自分に向き合い戦い続けるのも自己受容じゃないだろうか。

生きてるものしか殺せないから。

 

人は無視されるのが一番辛い。

あなたの負の側面も無視されるのが一番辛い。

じゃあ向き合って喝を入れてやるのもいいと思う。

 

目をそらして無視するのが一番ひどい。

 

 

自分のダメなところをしっかり受け入れて、

「下手で結構」の意識で挑めば期待もクソもないはずだ。

 

あなたは下手だ。

これは褒めている。

下手なりに現実に向き合うことは並大抵の人間にはできない。

 

下手だけど、あなたの行動したことは確実に事実。

これだけは間違いない。

事実だけが現実をつくる。

 

弱い自分を無視した人の現実は陰惨なものになっている。

 

じゃあ、自分に立ち向かい続けたあなたにやってくる現実は….

 

 

現実

TwitterFacebookLineHatenaShare
Category
Tags

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


「夢は行動となり、行動は夢を現実にする」

こんにちは、はこふぐです。自堕落に生きてるどうしようもない男です。

怠けるための努力を積み重ねたら怠けられるようになりました。

19歳でろくな社会経験もありませんが、自分の事業を持たせてもらってます。ありがたい事です。

「自分のビジネスを持ちたい」

「ぐーたら暮らしたい」

そんな方に読んでいただきたいブログです。

 

ココで努力的な怠け方を個別レクチャーしています。

ココ